「日本の陶芸文化を通して、オリンピックを盛り上げたい。」
ポタリンピックは九州で活動する陶芸家が集まり、自然発生的に生まれたプロジェクトです。
日本の陶芸は世界中から見ても、稀に見る発展を遂げた独自の文化です。
陶器は家庭の食卓や、部屋を飾る花器、かたや便器まで・・・
いつでも私たちのそばにあって、生活に必要不可欠なものです。
日々に豊かさを与えてくれる陶器は、今混沌とする世界で平和的な心をもつ一助になるように思います。
日本の陶芸文化で世界の人をもてなし、平和の祭典でもあるオリンピックに花を添えたいと願っています。
ポタリンピックは2020年東京オリンピックに向けて、次世代の感覚で日本の良き陶芸文化を発信するイベントを開催していきます。